大切な愛猫の皮膚病を防ぐためにできること

動物

愛嬌のある顔立ちの犬

愛嬌があるお顔の持ち主であるパグは、体つきや動き方も特徴的で、何ともいえない面白みがあります。お手入れもしやすく、性格的にも非常に飼いやすい犬になります。また、穏やかで人懐こく攻撃性が低いので、家庭犬にぴったりです。しつけは、褒めることを意識するとよいです。

飼い主とペット

ペットサービスの選び方

成田空港付近でペットホテルを探す際には、空港からのアクセスをまずはチェックします。料金や待遇なども、見ておきたいポイントです。高齢のペットを預ける場合、出来るだけストレスの少ない環境を選ぶように心がけます。

犬

ペットの新しい足になる

犬等のペットは人間と同様に生き物であるため、場合によっては病気等により下半身が不自由になってしまう事もあります。こういった場合には犬用の車椅子を利用するというのが有効で、実際に依頼する際には信頼出来る会社にお願いするのが望ましいです。

ペットの皮膚トラブル治療

猫

脱毛の症状に注意

猫の皮膚病の中には、最初に脱毛の症状が現れるタイプがあります。例えばポピュラーな皮膚病の一つ、ノミやダニによる皮膚炎は、実のところこういった脱毛の症状から始まります。外歩きをする猫は、ノミやダニに感染する機会が多いです。ノミやダニに対して一種のアレルギー反応を起こすと、皮膚病の症状が現れてきます。毛が抜け始めると同時に、赤い湿疹のような症状が現れたら要注意です。痒みがある場合は、猫が自分の皮膚を?きむしり、さらに症状が悪化する可能性が出てきます。皮膚の傷口から細菌感染を起こすと、炎症などの二次的な症状が見られるようになるのが問題です。こういった段階に至る前に、早めに獣医師の診察を受けるように心がけます。カビなどに感染した場合も、猫の毛は抜けることがあります。カビの菌は生活のあらゆる環境に潜んでいます。過敏な猫や皮膚が弱い猫は、環境の悪影響を受けやすいのが一般的です。カビによる脱毛も、猫に多く見られるの皮膚病です。内臓に異常がない場合、皮膚病は環境に原因が潜む可能性が高いと言えます。ノミやダニによる皮膚病は、市販の薬を早めに使用するとかなりの確率で防げます。動物病院で健康診断をこまめに受けて、皮膚の状態を獣医師にチェックしてもらうとすぐに症状に気づくことが可能です。アレルギー反応を起こしやすい猫は、日ごろから毛並みの状態に気をつけてあげます。毎日の状態観察が、皮膚病対策では意外に重要です。